薬学部の「6年制」と「4年制」どう違うの?

薬剤師は6年制

薬学部は同じ大学生でも6年制と4年生に分かれています。
どちらを選択しても薬学について学ぶのは同じと思っていたら大きな間違いです。
なぜなら大学卒業後の進路に大きな違いがあるからです。

薬学部に行く目的の一つとして薬剤師の国家資格を取得したいという希望を持っている人が多いです。
平成18年の4月から薬剤師の国家試験を受験するためには、6年制の大学を卒業する人しか受験資格がありません。

6年の学生生活は長いから4年でいいかなと安易な考えで選択してしまうと将来の人生を大きく変えてしまう可能性があります。
そのため、将来の選択肢に薬剤師としての仕事も視野に入れている人は必ず6年制の薬学部に入学しましょう。

もし将来薬剤師ではなく研究者として活躍したいと思った場合でも、薬剤師の資格を取ってから研究者の道を進むことも出来ます。

就職の選択肢が広いという面と、国家資格として薬剤師の需要が高いため、将来取得しておくと大きな財産になるといえます。

研修者は4年

薬学部に入学する際に6年制と4年制のどちらなするのか迷う人もいるでしょう。
ほとんどの大学が4年制ナタメ、人より就職活動も2年遅くなります。
大学をストレートで入学した場合、24歳で初めて社会人になることになります。
高卒で働いている人比べると社会人経験は6年も遅くなります。

そう言った社会デビューが遅くなることに対して不安を感じる人もいるでしょう。
そのため薬学部の6年制に入学することに対して抵抗がある人もいるでしょう。
そこで4年生の大学の進学を選んだ場合、その後はどのような進路を選択することが多いのでしょう。

主に4年生の薬学部を卒業している人は、製薬会社や食品メーカーなどに就職することが多いです。
製品の開発や研究を希望する人が多い中で、営業職や商品管理などの仕事を行っている人もいます。
研究者は専門的な知識を豊富に持つことが求められますが、毎年採用があるとは限りません。

採用されるためにはとても狭き門です。
しかし初めて営業職をおこなう人に比べると専門的知識が深い分、営業などでも活躍することができるでしょう。

研究者でも6年は必要

製薬会社などで研究者として働く条件として多くの会社が薬学部卒業後、大学院を卒業し修士課程を取得することを条件として挙げている会社が多いです。

大学院の薬学部ではさらに専門的な分野の知識を深め、研究を重ねていく日々を送ります。
修士課程を取得するためには、研究をもとに学会での発表や卒業のために論文を書く必要があります。

簡単に卒業することができず、6年制の医学部と同様6年間の学生生活を送ることになります。
おなじ学生生活でも最終的に資格が取得できないため、研究者としての道を進むのであれば、狭き門だということを意識しておきましょう。