薬の副作用に関する知識

薬の仕組みと副作用

日常生活の中で薬は、病気の治療や健康維持の為に活用されることが多いです。
病院で医師の診断によって処方される薬もあれば、市販される薬もありどちらも用法と容量を守ることによって、薬本来の役割を果たすことができます。

薬には主作用と副作用という二つの特徴があります。
主作用は、本来薬が必要としている症状を緩和するために働く力です。

処方箋の場合は薬の説明を医師に受けるだけでなく薬を調剤する薬剤師からも薬の主作用について説明があります。
薬の意味を知ることは安全に薬を飲むためには必要なことです。

市販薬の場合は、症状が箇条書きになっていて、当てはまる症状があった場合にこちらを飲んでくださいという説明書きが書かれています。
その下には年齢に対して摂取する薬の量が書かれていて、用法も書かかれています。

これらをしっかり守ったうえで摂取することで薬の主作用をうまく取り入れることにつながります。
これに対して副作用は主に体に悪影響をもたらすものとして存在しています。

なぜ副作用は人によって出る頻度や症状の重さが異なります。
重症化してしまう場合、薬として安全性が確保できるものへと改善していく必要があります。

副作用が起こる要因

副作用が起きてしまう要因は、いろいろ考えられます。
薬にはいろんな症状を改善する成分が含まれているため、そのうちの一つが副作用として働き体に悪影響をもたらしてしまっている可能性があります。

そしてそのほかの要因として、間違った容量や用法で薬を摂取した場合です。
過剰摂取が特に薬の効果をさらに強めてしまうため、副作用が強く出てしまう可能性があります。

また摂取する本人の体質やアレルギーなどによって副作用が起きる可能性もあります。
卵や小麦など食べ物のアレルギーは、薬によって反応してしまう可能性があるため、アレルギーを持っているときは必ず医師や薬剤師に必ずつら得てから処方してもらうようにしましょう。

相互作用の注意と予防

副作用の主な症状として、下痢や眠気、発疹やかゆみなど服用してすぐ発症するものもあれば、中には服用して数日後にあらわれる物もあります。
体に何かしらの異変を感じた人は、服用をやめ医師に相談するようにしましょう。
その際にはいつごろからどのような症状が出て、今に至るのか説明できるようにしましょう。

そして何が原因なのかもし当てはまるものがあればメモなどをしておきましょう。
場合によって副作用が起きた要因が薬と何かの飲み物や食べ物による相互作用の可能性があります。

コーヒーや紅茶などカフェインが入ったものと、風邪薬などを摂取すると、カフェインを過剰に摂取しすぎて頭痛を引き起こしてしまう可能性があります。

またグレープフルールと高血圧患者がのむ降圧薬が一緒になるとより強く薬の効果が発揮されてしまうため、低血圧で意識不明になってしまうなどの危険性があります。