お薬に関する便利アプリについて徹底調査

アプリを活用して服用

今携帯電話でスマートフォンを活用する人がとても増えています。
小さなパソコンを携帯しているのと同じ感覚で、とても便利に使いこなすことができます。
常に携帯していることが多いため、自分のスケジュールなども管理している人が多いです。

最近では携帯で自分の体型や生理周期などもカレンダーで管理しています。
いろんな機能は、自分が欲しいと持った機能があるアプリをダウンロードすることで使用することができます。

使いこなすことで、私生活でとても便利だと感じるアプリも多いです。
その一つとして注目されているのが、お薬手帳アプリです。
持病で昔から飲み続けている人もいれば、症状が出たときだけ摂取する人もいます。

かかりつけの病院を変えたとき、違う診療科目で新しい病院にかかるときなど飲んでいる薬の名前を即座に伝えられるという人はどのぐらいいるでしょうか。
現状こたえられる人はごくわずかで、薬の飲み合わせなどが心配になる人もいるでしょう。
そのためにお薬手帳をもらい自分の飲んでいる薬を把握しなくてはいけません。

ただしいつでもお薬手帳は持参しているとは限らず、いつどんな時でも身につけているものとして携帯電話があります。
携帯のお薬手帳アプリに情報をしっかり記入しておくことで、自分の飲んでいる薬に対しての知識を深めることができます。

自分の薬の管理をする

お薬手帳アプリでは、自分が飲んでいる薬について管理することができます。
飲んでいる薬を写真に撮り残しておくことで、同じ症状が出たときにどのような治療を行ったのかがすぐにわかります。

お薬手帳アプリでは、いつ何の理由で病院にかかり、何日分のなんていう薬をもらったのか記録しておくことができます。

そして飲み忘れがないように、アラームでお知らせしてくれる機能などもあります。
また毎日飲み忘れないか、チェックすることも出来ます。
このように毎日しっかり薬を飲み忘れないようにサポートしてくれる機能がたくさんあります。

家族の管理も可能

また薬を飲んでいるのは自分だけではありません。
両親や子供など複数人のお薬データーも一緒に管理することができます。
痴呆や寝たきり、自分でうまく話しができない伝えられない大人や子供にとって自分で薬の管理をすることは難しいです。

そこで身内で薬を飲むサポートをする人が管理することで、飲み忘れ防止につなげることができます。
特に子供に関しては症状が変わるごとに薬を変えていくことが多いです。
以前に多様な症状の時に使用した薬が効果的だったのかなど振り返ることも出来ます。

もし違う病院にかかった時や休日病院などにいかなければいけないとき、医師に飲んでいる薬の写真などを見せることで、正確に伝えることができます。