薬学生の面接対策

薬学生の就職活動

就職活動は誰もが難しいと考えてしまうでしょう。
特に一般の就職活動とは違い、周りの人があまり取得していない資格を持っている場合は、その資格をいかに生かした就職活動ができるのかという点が需要になります。

他の人が取得するために困難な資格程、学生時代にとても苦労しています。
その苦労が実を結ぶような就職活動をしたいと思うでしょう。

なかでも資格取得するために入学から卒業までが困難なものとして挙げられるのが薬剤師の資格です。

薬剤師になるためには専門的な知識を身につけるために、6年制の大学に進学することも多いです。
人一倍長い学生生活で、基礎知識や実験や研究などを通じて得た知識を生かした仕事に就きたいと思うでしょう。

薬学生は薬剤師として病院やドラッグストア、薬局などで勤務することができます。
そして出来る限り条件がいい職場に就職するためには、自分をアピールする能力が必要です。

面接で必ず聞かれること

薬剤師は国家資格を必要とし、取得するためには専門的な知識や定められた学歴がなければ取得できません。
取得後は薬剤師としてだけでなく製薬会社の研究者として仕事を希望する人もいます。

様々な業種への就職が可能ななかで、なぜこの会社を選んだのかというがとても大事になります。
履歴書では志望動機を記入する欄が必ずありますが、文面では伝えきれない自分の熱意を伝えることが大事です。

また自分の長所や短所など、資格以外の人格でアピールしましょう。
仕事では基本的な知識だけでなく、お客さんや職場の人間と潤滑なコミュニケーションをとることが大事です。

そして薬剤師の場合、専攻してきた分野について面接で問われることがあります。
学生生活で取り組んだ内容と、就職先と関連性があればより必要な人材として見てもらうことができます。

面接官が人事部の人か専門的な知識がある人なのかによって、理解できる言葉で専攻分野に関する説明を行いましょう。

希望以外の職種を進められたとき

薬剤師の資格を取得している人の多くが病院や薬局などで活躍しています。
しかし中には製薬会社などで、専門的な知識を活かしたいという人は研究者として就職したいという希望を持っている人も多いです。

製薬会社の面接では、研究者以外の開発者やMRなど違う仕事をすることはどうかと打診されることがあります。
どうしても研究者として働きたいという意思はあっても、企業側の意思をすべて拒否してしまうと就職しにくくなってしまいます。

なぜなら研究者だけの人材の需要は求められていないことが多いため、ほかの職種にも興味がありますと対応できる姿勢を見せることも大事です。
そしてなぜ研究職に対してこだわっているのかという点をしっかり伝えるようにしましょう。