登録販売者の仕事内容について

さまざまな仕事

薬剤師の仕事は様々で、調剤薬局でお薬を作るという仕事もありますし、ドラッグストアで働くということもあります。また製薬会社で治験コーディネーターや臨床開発モニターとして活躍されている薬剤師もいます。
最近は薬剤師の雇用が多様化しているということもあり、以前よりも雇用先が多くなっているという現実もあります。
様々なお仕事がありますが、主なものを紹介しましょう。

調剤薬局で働く

調剤薬局で働くということが、薬剤師として最もスタンダードな働き方になるでしょう。
調剤薬局では、調剤業務、服薬指導、またお薬手帳などで業歴管理するという役割があります。

医師からもらった処方箋をよく確認し、不備がないかをチェック、ここで重複投薬や相互作用があるお薬がないか、お薬手帳で確認します。
お薬を調剤し、患者さんに渡すときには、必ず服薬指導を行っているのです。
お薬を飲む時間、飲み方、またどのような効果があるか、どのような副作用があるのかといったこともしっかり説明します。

ドラッグストアで働く

薬剤師の雇用が多くなったのは、このドラッグストアの誕生によるものであるとも考えられているのです。
ドラッグストアでは、OTC薬と呼ばれる一般用医薬品を販売するという業務、さらにお薬や健康についての相談業務などがあります。
こちらのサイトでも詳しく説明されているのでご参考くさい。
>>ドラッグストア薬剤師の仕事内容、福利厚生とメリットデメリット|HOP!

調剤室がある場合、調剤薬局と同じように、調剤業務も行いますし、健康相談として生活習慣病についてや、メタボリックシンドロームについてなどの教室を行うなども、ドラッグストアによって行われています。
食品類の販売なども行われているので、商品に詳しくなっておくということも必要ですが、医薬品について説明を求められることもあるので、医薬品に関する知識をしっかり持っておくことも必要です。

製薬会社で働く

製薬会社で働く場合、治験コーディネーター、臨床開発モニター、医療情報担当者、臨床開発などの働き方があります。
また製薬会社の花型となるのは、やはり創薬でしょう。
創薬というのは新薬を開発する仕事で、お薬に関しての研究、また臨床試験などを行います。
製薬会社の主軸となる部分なので、創薬に関わる仕事に就く方は、知識をしっかり活用できる能力と、深い医薬品や成分への知識を持つことが必要です。仕事内容や募集要項はこちらもご参考ください。
>>研究開発のお仕事│理系・研究職の求人転職はテンプR&D

このほか病院で入院患者さん、外来患者さんに調剤を行うという仕事もあります。
薬剤師の仕事は今、大きく広がりを見せていて、最近は海外の製薬会社に雇用され、活躍される薬剤師も少なくありません。
外資系企業への雇用も多いです。
大学時代に、どのように薬学を学ぶかによって、その先、雇用先が違ってきますので、自分が目指す薬剤師としての働き方がしっかりできるように、学んでおくことも重要なことでしょう。