薬剤師の労働環境について

病院の薬剤師の労働環境

薬剤師の場合主な勤務地として病院、薬局、ドラッグストアに分けられます。
薬剤師の仕事のイメージは、処方箋を受け取り指示通りに薬を調合して渡すことを思い浮かべるでしょう。

しかし薬剤師は勤務地によって仕事の内容に違いがあり、それぞれ激務といわれています。
そこで勤務地によってどのような違いがあるのでしょうか。

特に薬剤師に人気が高い病院勤務の場合は、どのような労働環境なのでしょうか。
病院の場合、激務と呼ばれる理由が二つあります。

一つは救急や夜間診療などを受け付けている病院では、夜勤のシフトに入る可能性があります。
そのため生活リズムやホルモンバランスが乱れやすくなります。
日中でも残業が増えるなどのイレギュラーが発生しやすくなります。

また勤務中は医師や看護師などを一緒に医療チームを作って、患者の治療にあたることがあります。
そのためただ処方箋を調合するだけでなく、連係プレーで責任感をもって行わなければいけません。

ドラッグストア勤務の場合

ドラッグストアの商品の中でも第一類医薬品は薬剤師から商品の説明などを聞いてからでなければ購入できません。
そのため薬剤師がいなければ購入できない薬をできるだけ販売できる環境にするために、勤務時間が長く設定されていることが多いです。

激務と感じるのは拘束時間が長いだけではありません。
勤務時間の間、常に薬を求めて足を運ぶ人ばかりではありません。
対象のお客様がきていないときは、薬全般に対しての接客や商品を棚に並べ、レジを打つなどの作業も同時に行わなければいけません。

ドラッグストアでキャリアアップを目指すのであれば、もちろんそういった雑務もすべて把握し、数店舗の管理を任せられるような立場になることも可能です。
そのためには覚えるものが多く、激務になってしまう可能性が高いです。

薬局勤務の場合

薬局で薬を受け取る際に、再度薬剤師から今の体の症状などを確認されるでしょう。
医師に説明して薬を出してもらっているのに、と煩わしく感じる人もいます。
しかし薬剤師にとって大事な任務として疑義照会があります・

疑義照会とは、医師が出した処方箋通りに薬を調合して、おかしいなと感じた場合に対して医師に再度確認をとる作業のことを指します。

ただし普通に医師が応じてくれるとは限らず、負担と感じる薬剤師もいます。
医師の中には処方箋に応じても嫌な顔をする医師なども多く、プライドを傷つけないように話をしなくてはいけません。

また1日40枚の処方箋しか受け取ることができないと決まっています。
小さい薬局では40人以下しかお客さんが来ないとわかっている場合は、人件費削減の為に一人しか薬剤師がいないこともあります。

1人で受付、薬の調合、疑義照会、会計すべてのことを行うことは負担になってしまうでしょう。