薬剤師の初任給について

薬剤師の初任給の平均

薬剤師の資格を取得しいざ就職するとなった場合、だれもがよりいい条件で仕事をしたいと思うでしょう。
多くの求人を比較しなければ条件がいいか悪いかの判断は難しいでしょう。
そして薬剤師の求人の初任給の平均を知っておくことで、後々後悔するということは少ないでしょう。

薬剤師の初任給は22万から30万と8万近くの差が生まれています。
そのため就職先によって収入に大きく違いがあることがわかります。

薬剤師の就職場所として主に上げられるのが、病院勤務、薬局勤務、ドラッグストアでの勤務があげられます。
病院勤務は給料が高いというイメージがありますが、給料の平均が20万から25万と一番低くなっています。

次に薬局で勤務する場合は、平均で22万から30万程度です。
最も多いのが、ドラッグストアの勤務で初任給でも30万円前後の収入が見込めます。

特徴としては病院や薬局勤務の場合は、薬剤師としての仕事だけをこなしていくことになります。

しかしドラッグストアの場合は、お店のレジや品出しなど薬剤師ではなくほかのスタッフと同様の仕事を任されることもあります。
そのため業務としてこなすことが多く、それが負担と感じる人もいます。
業務内容はしっかり確認してから就職活動を行いましょう。

初任給が高い職場を選ぶ

薬剤師の場合、大きな収入アップが見込める場合とそうでない場合があります。
特に小さな病院の場合は、給料が高くなることはあまり望めません。
その代りライフスタイルに合った勤務時間が選びやすいというメリットがあります。
待遇を優先して就職先を決めたい人にはお勧めです。

それ以外の場合は、初任給がなるべく高い職場を選ぶようにしましょう。
大幅な昇進が難しい可能性があるため、初任給が低い場合は、ボーナスなどにも影響が出てしまいます。

<h3>ステップアップで収入アップ
薬剤師として就職するにあたり、管理薬剤師を目指していくことでステップアップでき収入も大きく上げることができます。
様々な手当の大きな増額が期待できるため、管理薬剤師を目標として就職先を探すのも一つの方法です。

大規模な病院などの勤務よりも、自分が働きやすい環境で長く続けられるところを就職先に選ぶ方が管理薬剤師の近道といえます。
同じ病院での勤務年数や経験によって、役職に就くことができるため、働きやすい場所を見つけることが大事です。

多少初任給が他と比べて低い場合でも将来を見据えて就職活動をしましょう。
ステップアップできるという目標は、モチベーションを保つためには欠かせない重要な点です。